2016/4/7(木)


各種警報発令時の処置について 【すべてを見る】をクリックしてください


①午前7時の気象ニュースで大雨・洪水・暴風・大雪のうち、いずれかの警報(波浪警報は除く)が、『神戸市』に発令された場合、休校にします。
②午前7時以降、始業前に発令された場合、生徒は帰宅させて、休校とします。
③始業以降で、生徒全員が在校中の場合、緊急校務会議で協議し、校長の判断によってその後の処置を決定します。 
④『神戸市』以外に居住する生徒は、居住区に警報が発令された場合、
登校しなくてもよい。
⑤始業以前に、JR・阪急・阪神のいずれもが不通の場合、休校にします。
⑥上記交通機関のうち、いずれか1つでも運行している場合は、平常通り授業を行います。
⑦始業以降で、生徒全員が在校中の場合、緊急校務会議で協議し、校長の判断によってその後の処置を決定します。